目的について

幼稚園に通う

 誰もが自分の子供に「強い意志をもった立派な大人になってほしい」と願うことでしょう。そして、幸せになってほしいと強く願うものです。そのような思いの中で、毎日の子育てを行なっているのではないでしょうか。  「子育てが難しい」と言われる今日、様々な子育て方法が提案されています。そのような流れの中で、「幼児教育」の重要性が認められるようになってきました。そして子育ての一環として、多くの家庭で「幼児への働きかけ」を取り入れるようになってきました。  この幼児教育の重要性の高まりと共に、「幼児教室」が全国的に普及しています。この「幼児教室」には様々な形態のものがあり、行なわれているレッスン内容も異なります。1つの専門的な能力を引き延ばしたいのか、知的側面を伸ばしたいのか、それとも「脳科学的」な側面からアプローチをおこなったレッスンを受講したいのか等、目的を明確にする必要があります。子供の能力を引き伸ばすためには、適切な「幼児教室」を選び必要があるのです。

 従来、「幼児教室」というと、知的側面を重要視した学習が行なわれているというイメージがありました。しかし、今日の多くの「幼児教室」では、想像力や創造性・イメージ力をアップするという「右脳開発」の取り組みが行なわれるようになっています。知的能力である「左脳」とイメージ力の「右脳」を、バランスよく成長させるレッスンが取り入れられています。  「脳科学」の研究が行なわれ、幼児への「脳」の働きかけが大切であると、広く認められるようになりました。この「脳科学」の研究結果を積極的に取り入れ、1人1人の子供がもつ能力を引き出すレッスンが、「幼児教室」で行なわれているのです。「知識の詰め込み」ではありません。自発的に物事を考えられる、自立した子供を育むことを目標としているのです。